コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹を切る ハラヲキル

デジタル大辞泉の解説

腹(はら)を切・る

切腹する。
責任を取って辞職する。「失敗したら―・る覚悟だ」
おかしさに堪えきれず、腹のよじれるほど大笑いする。
「離れ給ひしもとの上は、―・りて笑ひ給ふ」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はらをきる【腹を切る】

切腹する。
(比喩的に)責任を取る。
おかしさに耐えられずに大笑いする。腸はらわたを切る。 「 - ・りて笑ひ給ふ/竹取」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

腹を切るの関連キーワード擂り粉木で芋を盛る擂り粉木で腹を切る連木で腹を切る杓子で腹を切る狭匙で腹を切る切匙で腹を切る無駄腹・徒腹狭匙・切匙同志の人々腹を痛める其小唄夢廓身銭を切る懐を痛める擂り粉木腹を召す阿部一族手揉めジグモ腹・肚責任

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腹を切るの関連情報