コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膳大丘 かしわでの おおおか

2件 の用語解説(膳大丘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

膳大丘 かしわでの-おおおか

?-? 奈良時代の官吏。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年(752)遣唐使にしたがって唐(中国)にわたる。帰国のときに金剛蔵菩薩註金剛般若経をもちかえったという。神護景雲(じんごけいうん)2年大学助教となる。宝亀(ほうき)8年大学博士,のち豊後介(ぶんごのすけ)をかねた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

膳大丘

生年:生没年不詳
奈良時代の学者。名は大岡とも書く。天平勝宝4(752)年の遣唐使の留学生として唐へ渡り,帰国時,金剛蔵菩薩註金剛般若経をもたらした。宝亀8(777)年に大学博士となっている。僧常楼や土師乙勝と親交があったらしく,常楼は大丘から儒学などを学んだといわれる。大丘は仏教,儒学ともに識見高く,時代を代表する知識人であったらしい。神護景雲2(768)年,かつて唐へ留学した時期に孔子が文宣王と追号されていたことを知り,日本でも,それまで孔子を孔宣父といっていたことを改めて文宣王とすることを献言,認可されている。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膳大丘の関連キーワード天平勝宝阿刀酒主阿倍嶋麻呂大伴黒麻呂刑部勝麻呂小治田諸人玄照(1)巨勢古麻呂多治比家主三原王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone