臘八会(読み)ロウハチエ

  • ×臘八会
  • ろうはちえ ラフハチヱ
  • ろうはちえ〔ラフハチヱ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。一二月八日に釈尊成道を記念して行なう法会。成道会。ろうはつえ。《季・冬》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の臘八会の言及

【成道会】より

…毎年12月8日に行われ,灌仏会涅槃会とともに〈三仏会〉と称し,釈迦の三大法会として重んじられる。禅宗の大寺では12月1日から8日の朝まで7日間不眠不休の座禅が行われるが,これを臘八会(ろうはちえ∥ろうはつえ)または成道会と称し,臘八接心(せつしん)ともいう。臘八とは臘月(12月)8日の意。…

【臘八粥】より

…中国で旧暦12月を臘月とよぶが,その8日を釈迦成道の日(臘八会)とし,これにちなんで作る粥。〈仏粥〉〈七宝五味粥〉,北京では〈八宝粥〉ともいう。…

※「臘八会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android