成道(読み)じょうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成道
じょうどう

仏教の修行者や求道者が修行を積んだ結果,悟りを開くこと。「道」は「さとり」の。たとえばゴータマ・ブッダ苦行の実践を無益であるとして捨てたのち,菩提樹の下で悟りを開いたが,これを成道と呼び,毎年この日 (12月8日) に行う法会成道会 (じょうどうえ) という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成道
じょうどう

仏教の用語。道すなわち悟りを完成するという意。悟りを開いて仏と成ることであるから成仏と同じ意味であり、また得仏(とくぶつ)、成正覚(じょうしょうがく)などともいう。釈尊(しゃくそん)は35歳のときにブッダガヤの菩提樹(ぼだいじゅ)の下で覚(さと)り(無上正等覚、無上菩提)を開いてブッダ(覚者)となったと伝えられ、これを中国・日本では一般に成道とよぶ。八相(はっそう)成道というのは、釈尊の生涯の八つの大きなできごと(八相)のうちで、成道がとくにその中心をなす重要なできごとであることを表す。成道の年時には異説が多いが、中国・日本では12月8日(臘八(ろうはち))説が行われ、この日に修める法要を成道会(え)、禅宗では臘八会といい、とくに禅宗で重視する。南方仏教諸国ではベーサーカ月(インド暦第2月で、太陽暦4~5月に相当)の満月の日が成道の日であるとする。

[藤田宏達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐どう ジャウダウ【成道】

〘名〙
① 仏語。菩薩が修行のすえ、悟りを開いて仏となること。また特に、釈迦が菩提樹の下で悟りを開いたことをさす。成仏得道。
※菅家文草(900頃)一一・為禅正尹親王先妣紀氏修功徳願文「有情無情、有識無識、毎各随求、一時成道」
※百座法談(1110)三月七日「仏成道の後廿五年といふに阿難をめしてきうしの御弟子としたまへり」
② 年貢などを納入すること。
※大乗院寺社雑事記‐明応八年(1499)九月一一日「早々罷下加催促、并当納分合三个年分悉以可成道者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の成道の言及

【成道会】より

…釈迦が悟りをえて仏(覚者)となったことを成道といい,これを記念して修する法会。毎年12月8日に行われ,灌仏会涅槃会とともに〈三仏会〉と称し,釈迦の三大法会として重んじられる。…

※「成道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報