コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成道 じょうどう

4件 の用語解説(成道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成道
じょうどう

仏教の修行者や求道者が修行を積んだ結果,悟りを開くこと。「道」は「さとり」の意。たとえばゴータマ・ブッダは苦行の実践を無益であるとして捨てたのち,菩提樹の下で悟りを開いたが,これを成道と呼び,毎年この日 (12月8日) に行う法会を成道会 (じょうどうえ) という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐どう〔ジヤウダウ〕【成道】

[名](スル)仏語。菩薩(ぼさつ)が修行して悟りを開き、となること。特に、釈迦(しゃか)が仏になったこと。成仏得道。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうどう【成道】

( 名 ) スル
〘仏〙 悟りを開き、仏道を完成すること。悟道。大悟。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成道
じょうどう

仏教の用語。道すなわち悟りを完成するという意。悟りを開いて仏と成ることであるから成仏と同じ意味であり、また得仏(とくぶつ)、成正覚(じょうしょうがく)などともいう。釈尊(しゃくそん)は35歳のときにブッダガヤの菩提樹(ぼだいじゅ)の下で覚(さと)り(無上正等覚、無上菩提)を開いてブッダ(覚者)となったと伝えられ、これを中国・日本では一般に成道とよぶ。八相(はっそう)成道というのは、釈尊の生涯の八つの大きなできごと(八相)のうちで、成道がとくにその中心をなす重要なできごとであることを表す。成道の年時には異説が多いが、中国・日本では12月8日(臘八(ろうはち))説が行われ、この日に修める法要を成道会(え)、禅宗では臘八会といい、とくに禅宗で重視する。南方仏教諸国ではベーサーカ月(インド暦第2月で、太陽暦4~5月に相当)の満月の日が成道の日であるとする。[藤田宏達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の成道の言及

【成道会】より

…釈迦が悟りをえて仏(覚者)となったことを成道といい,これを記念して修する法会。毎年12月8日に行われ,灌仏会涅槃会とともに〈三仏会〉と称し,釈迦の三大法会として重んじられる。…

※「成道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

成道の関連情報