コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臥し丈/臥し長 フシタケ

デジタル大辞泉の解説

ふし‐たけ【×臥し丈/×臥し長】

臥したときのからだの長さ。
「―砂(いさご)に半ば埋づまれたりけるに」〈今昔・三一・一七〉
蛇がとぐろを巻いたときの高さ。
「―は五、六尺、跡枕(あとまくら)べは十四、五丈もあるらんとおぼゆる大蛇にて」〈平家・八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android