臨済の喝徳山の棒(読み)リンザイノカツトクザンノボウ

大辞林 第三版の解説

りんざいのかつとくざんのぼう【臨済の喝徳山の棒】

〔伝灯録〕
臨済禅師の大喝と徳山和尚(782~865)の痛棒。ともに学徒教導の方法として用いたもので、禅修行の厳しさをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android