臨済の喝徳山の棒(読み)リンザイノカツトクザンノボウ

大辞林 第三版の解説

りんざいのかつとくざんのぼう【臨済の喝徳山の棒】

〔伝灯録〕
臨済禅師の大喝と徳山和尚(782~865)の痛棒。ともに学徒教導の方法として用いたもので、禅修行の厳しさをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android