コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳山宣鑑 トクサンセンカン

2件 の用語解説(徳山宣鑑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とくさん‐せんかん【徳山宣鑑】

[782~865]中国、唐代の禅僧。姓は周氏。初め唯識を学んだが、のちを学び、その修行は、徳山の棒と称されるほど厳格であった。諡号、見性禅師。→臨済の喝徳山の棒

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳山宣鑑
とくさんせんかん
(780―865)

中国、唐代の禅僧。青原行思(せいげんぎょうし)下の4世竜潭崇信(りゅうたんそうしん)の法嗣(はっし)(弟子)。諡号(しごう)は見性禅師(けんしょうぜんじ)。俗姓は周氏。剣南(四川(しせん)省)の人。出家後、律を究め、性相(しょうそう)の学に通ずる。つねに『金剛経(こんごうきょう)』を講じたので周金剛とよばれた。のち禅門に転じて崇信に参じ、悟りを開いて嗣法する。(れい)州(湖南省)に30年間住したが、武宗の廃仏で難を独浮山の石室に避けたのち、大中(847~859)の初め、武陵(湖南省)の太守に請われ、徳山に住して学人を教化した。咸通(かんつう)6年12月3日寂。[松田文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳山宣鑑の関連キーワード石頭希遷馬祖道一普化暗証の禅師潙山雲門唐画無業和尚中国・宋代の禅の公案集雪舫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone