景徳伝灯録(読み)ケイトクデントウロク

デジタル大辞泉の解説

けいとくでんとうろく【景徳伝灯録】

代の仏教書。30巻。道原著。1004年成立。禅宗伝灯(正法を伝える意味)の法系を明らかにしたもので、過去七仏から始め、インド・中国歴代の諸師1701人の伝記と系譜を述べた書。中国禅宗史研究の根本資料。伝灯録

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる