コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景徳伝灯録 ケイトクデントウロク

デジタル大辞泉の解説

けいとくでんとうろく【景徳伝灯録】

代の仏教書。30巻。道原著。1004年成立。禅宗の伝灯(正法を伝える意味)の法系を明らかにしたもので、過去七仏から始め、インド・中国歴代の諸師1701人の伝記と系譜を述べた書。中国禅宗史研究の根本資料。伝灯録。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

景徳伝灯録の関連キーワード寛弘ハインリヒ2世(聖王)ハムダーン朝藤原綏子イスラエル王国西夏澶淵の盟澶淵の盟寛弘景徳伝灯録・景徳伝燈録

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone