コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨界角 りんかいかく critical angle

翻訳|critical angle

4件 の用語解説(臨界角の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨界角
りんかいかく
critical angle

屈折率の大きい物質から屈折率の小さい物質に光が入射する際に,入射角がある角より大きいと全反射が起るが,この角を臨界角という。臨界角 i は両物質の屈折率によって定まる。両物質の屈折率を n1n2(n1n2) とすれば sin in2/n1 である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りんかい‐かく【臨界角】

光がそれ以上の入射角では全反射するようになるときの最小の入射角。屈折角が90度のときの入射角。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

臨界角【りんかいかく】

全反射

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

りんかいかく【臨界角】

光が全反射する際の入射角。光が屈折率の大きい物質から屈折率の小さい物質の界面に入射する時、入射角が臨界角より小さければ屈折率の小さい物質中へ進み、大きければ全反射する。 → 全反射

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の臨界角の言及

【全反射】より

…屈折率の大きい媒質から小さな媒質へ向かって光が入射するとき,屈折角は入射角より大きく,ある入射角では屈折角が90度となる。このときの入射角を臨界角というが,入射角が臨界角を超えると,光は全部反射される。この現象を全反射という。…

※「臨界角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

臨界角の関連キーワード本影永久影光が丘IMA光ガルヴァニ効果福島県福島市光が丘東京都練馬区光が丘石川県金沢市光が丘滋賀県大津市光が丘町兵庫県宝塚市光ガ丘福岡県筑紫野市光が丘