コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈折角 くっせつかくangle of refraction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屈折角
くっせつかく
angle of refraction

波が1つの媒質から他の媒質に進入してその境界面で屈折を起すとき,屈折波の進行方向と境界面に立てた法線とのつくる角を屈折角という。両媒質が等方性であれば入射角と屈折角との間には屈折の法則が成り立つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くっせつ‐かく【屈折角】

光や音などの波動が二つの媒質の境界面で屈折するとき、境界面に立てた法線と、屈折後の進行方向とのなす角。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

屈折角【くっせつかく】

屈折の法則

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

くっせつかく【屈折角】

二つの媒質の境界面で屈折したあとの光・電波・音波などの進行方向と、境界面の法線とがなす角。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の屈折角の言及

【屈折】より

…境界では,境界面の法線と入射波の進行方向とが作る平面を入射面とするとき,透過波は入射波とは境界の反対側にあってその進行方向は入射面の中にある。境界面の法線に対する入射波の進行方向のなす角を入射角,透過波の進行方向のなす角を屈折角といい,それぞれをθirとしたとき,これらの角の間には,sinθi/sinθrnIIIという関係(スネルの法則)が成り立つ(図2)。ここでnIIIを相対屈折率relative index of refractionと呼ぶ。…

【光】より

…このとき,反射光線と屈折光線とはいずれも入射光線と入射点における境界面の法線とを含む面(入射面という)のなかにあり,かつ法線に関して入射光線の反対側にある(図1)。入射光線,反射光線,屈折光線が入射点において境界面の法線となす角θIRDをそれぞれ入射角,反射角,屈折角と呼ぶが,θR=θIであり,またsinθI/sinθDn21は入射角によらず一定となる。後者の関係はスネルの法則と呼ばれ,n21を第2媒質の第1媒質に対する相対屈折率と呼ぶ。…

※「屈折角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屈折角の関連キーワード順応(生物学、心理学)フレネルの反射公式フォトニック結晶フレネルの公式フレネルの法則色消しプリズム光の反射と屈折フレネルの式イスラム科学スネルの法則絶対屈折率光学器械物理探査光の分散最小偏角常光線屈折率臨界角全反射屈折計

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android