臨終正念(読み)りんじゅうしょうねん

精選版 日本国語大辞典「臨終正念」の解説

りんじゅう‐しょうねん ‥シャウネン【臨終正念】

〘名〙 臨終の際に心静かに乱れないこと。特に、一心に阿彌陀を念じて極楽往生を願うこと。
往生要集(984‐985)大文一「答、若常如是、調伏心者、五欲微薄、乃至臨終、正念不乱、不悪処

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「臨終正念」の解説

りんじゅう‐しょうねん〔‐シヤウネン〕【臨終正念】

臨終に際して、一心に仏を念ずること。特に阿弥陀仏を念じて極楽往生を願うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる