極楽往生(読み)ごくらくおうじょう

四字熟語を知る辞典「極楽往生」の解説

極楽往生

仏教で、極楽浄土に生まれること。正しくは往生極楽。また、安らかに死ぬこと。ひどい苦しみもなく、安楽に死ぬこと。

[使用例] 脳溢血という極楽往生ではないか[石川淳|1954]

[使用例] の相手をしていた老人が〈〉「勝負に勝って死んだんだから極楽往生ですな。あやかりたいものですねえ」[有吉佐和子恍惚の人|1972]

[解説] 「往生」は死ぬこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「極楽往生」の解説

ごくらく‐おうじょう ‥ワウジャウ【極楽往生】

〘名〙
① 仏語。極楽浄土に生まれること。正しくは往生極楽。
※蓮如御文章(1461‐98)五「ただ他力の大信心一つにて、真実の極楽往生をとぐべきものなり」
② 安らかに死ぬこと。ひどい苦しみもなく、安楽に死ぬこと。
※虹(1954)〈石川淳〉一「脳溢血といふ極楽往生ではないか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「極楽往生」の解説

ごくらく‐おうじょう〔‐ワウジヤウ〕【極楽往生】

[名](スル)
極楽に生まれ変わること。
安らかに死ぬこと。「極楽往生を遂げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android