コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動平衡式記録計 じどうへいこうしききろくけいautomatic null balancing electrical recorder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動平衡式記録計
じどうへいこうしききろくけい
automatic null balancing electrical recorder

測定しようとする入力信号を可変基準値と比較し (フィードバック) ,その偏差増幅器で増幅し,偏差が減少する方向にサーボモータを駆動し,偏差が0になったとき平衡する。平衡したときの基準値 (入力値) を指示・記録させるのが自動平衡式記録計である。0平衡式であるから精度および信頼度が高く,各種の実験用ならびに工業用の記録計として用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android