コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏差 へんさ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

偏差

数値データの集合を構成するそれぞれの値と平均値との差。たとえば、1、3、5、7という数値データの集合の場合、平均値は4「(1+3+5+7)/4」で、偏差はー3(1ー4)、ー1(3ー4)、1(5ー4)、3(7ー4)になる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

へん‐さ【偏差】

標準となる数値・位置・方向などからのかたより。また、その程度。振れ。偏倚(へんい)。
統計などで、個々の数値と平均値との差。「標準偏差

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

偏差【へんさ】

資料x1,x2,…,x(/n)の平均値をx=(x1+x2+…+x(/n))/nとするとき,各資料x(/i)と平均値の差x(/i)−xをx(/i)の偏差という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブランド用語集の解説

偏差

偏差とは各データの値と平均値がどれだけ離れているかを示すもので、各データの値から平均値を引いて得られる。定義から偏差の総合計はゼロとなる。

出典 (株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんさ【偏差 deviation】

統計学の用語。測定値などの資料x1,x2,……,xNがあるとき,その分布の代表値からの平均的なへだたりを示す数値である。代表値としては平均値,をとることが多い。偏差としてよく用いられるのは標準偏差σ,平均偏差δ,四分偏差Qなどである。標準偏差は,で,その平方σ2は平方偏差または分散と呼ばれる。δは,で計算される。資料が階級値に分類されているときは,各階級の代表値および個数をそれぞれxi,niとするとき,とおいて,σおよびδは,で求められる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

へんさ【偏差】

標準となる数値・位置・方向などからのかたより。また、その度合。偏倚へんい
〘数〙 資料のおのおのの値と平均値との差。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

偏差の関連キーワードボリンジャーバンド(Bollinger Bands)ボリンジャーバンド自動平衡式記録計ノートンの法則空間テクスチャケナード波束標準正規分布知能偏差値最小二乗法記述統計学二乗根則指数分布記述統計潮位偏差正規分布標準誤差相関係数変動係数偏差値散布度

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偏差の関連情報