コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動起床装置 ジドウキショウソウチ

2件 の用語解説(自動起床装置の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じどうきしょうそうち〔ジドウキシヤウサウチ〕【自動起床装置】

辺見庸の小説。仮眠室での「起こし屋」のアルバイト主人公に描く、眠りをテーマとした作品。平成3年(1991)発表。同年、第105回芥川賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

自動起床装置

音ではなく体を浮かせることで目を覚まさせる器機のこと。敷布団の下に専用の袋を敷いて就寝、設定した時間になるとその袋に空気が送られ、体ごと布団を持ち上げることにより目覚めさせる。音がしないため周りに迷惑がかからない、目覚まし時計よりはるかに効果が高いというメリットがある。1964年、かつての日本国有鉄道(国鉄、現JR)が開発依頼し、新光電業株式会社(山口県下関市)が開発、2年後より国鉄の車両基地など全国に導入され始めた。

(2015-3-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自動起床装置の関連キーワード雪起こし面起こし仮眠晒し屋根澄まし屋子を貸し屋楽し屋辺見庸辺見勝見庸太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自動起床装置の関連情報