コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動起床装置 ジドウキショウソウチ

デジタル大辞泉の解説

じどうきしょうそうち〔ジドウキシヤウサウチ〕【自動起床装置】

辺見庸の小説。仮眠室での「起こし屋」のアルバイトを主人公に描く、眠りをテーマとした作品。平成3年(1991)発表。同年、第105回芥川賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

自動起床装置

音ではなく体を浮かせることで目を覚まさせる器機のこと。敷布団の下に専用の袋を敷いて就寝、設定した時間になるとその袋に空気が送られ、体ごと布団を持ち上げることにより目覚めさせる。音がしないため周りに迷惑がかからない、目覚まし時計よりはるかに効果が高いというメリットがある。1964年、かつての日本国有鉄道(国鉄、現JR)が開発依頼し、新光電業株式会社(山口県下関市)が開発、2年後より国鉄の車両基地など全国に導入され始めた。

(2015-3-11)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動起床装置の関連情報