コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動起床装置 ジドウキショウソウチ

2件 の用語解説(自動起床装置の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じどうきしょうそうち〔ジドウキシヤウサウチ〕【自動起床装置】

辺見庸の小説。仮眠室での「起こし屋」のアルバイト主人公に描く、眠りをテーマとした作品。平成3年(1991)発表。同年、第105回芥川賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

自動起床装置

音ではなく体を浮かせることで目を覚まさせる器機のこと。敷布団の下に専用の袋を敷いて就寝、設定した時間になるとその袋に空気が送られ、体ごと布団を持ち上げることにより目覚めさせる。音がしないため周りに迷惑がかからない、目覚まし時計よりはるかに効果が高いというメリットがある。1964年、かつての日本国有鉄道(国鉄、現JR)が開発依頼し、新光電業株式会社(山口県下関市)が開発、2年後より国鉄の車両基地など全国に導入され始めた。

(2015-3-11)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自動起床装置の関連情報