コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺見庸 ヘンミヨウ

デジタル大辞泉の解説

へんみ‐よう【辺見庸】

[1944~ ]ジャーナリスト小説家。宮城の生まれ。本名、秀逸。共同通信社に入社、外信部の記者となる。勤務のかたわら書き上げた「自動起床装置」で芥川賞受賞。退職後本格的な執筆活動に入る。他に小説「赤い橋の下のぬるい水」、ノンフィクションもの食う人びと」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辺見庸 へんみ-よう

1944- 昭和後期-平成時代のジャーナリスト,作家。
昭和19年9月27日生まれ。共同通信社にはいる。北京特派員,ハノイ支局長,編集委員などをつとめ,平成8年退社。その間の昭和53年中国報道で日本新聞協会賞,平成3年「自動起床装置」で芥川賞,6年「もの食う人びと」で講談社ノンフィクション賞。23年初詩集「生首」で中原中也賞。24年「眼の海」で高見順賞。宮城県出身。早大卒。本名は秀逸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

辺見庸の関連キーワード北林 谷栄左 幸子坂本龍一辺見

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辺見庸の関連情報