コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自我理想 じがりそうego-ideal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自我理想
じがりそう
ego-ideal

精神分析の用語。真,善,美など理想,価値への追求を目指しそれを可能にするように働く自我の一側面ないし一部分。一般には良心といわれるもの。良心あるいはそれに代るもの (神,社会) との積極的な同一視により形成される。超自我と密接に関連し,ときにそれと同義に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の自我理想の言及

【超自我】より

…このようにして超自我は世代から世代へと受け継がれ,社会の伝統的な規範や価値を伝えてゆくとされる。超自我は自我理想ego idealをその一面として含むこともあり,自我理想と区別されることもある。区別された場合は,超自我は主として禁止の側面を表し,それへの違反は罪悪感を生む。…

※「自我理想」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone