追求(読み)ついきゅう

精選版 日本国語大辞典「追求」の解説

つい‐きゅう ‥キウ【追求】

〘名〙 目的を達するまでどこまでも追いかけ求めること。追尋(ついじん)。ついく。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一二「後人をして企慕追求せしむるなり」
※日本国憲法(1946)一三条「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については」 〔漢書‐酷吏・王温舒伝〕

つい‐く【追求】

〘名〙 (「ついぐ」とも) =ついきゅう(追求)
※色葉字類抄(1177‐81)「追求 仕官部 ツイク」
※曾我物語(南北朝頃)一一「恩愛の心なやませども、誰れ黄泉のせめをまぬかれん。是によって馳走す、所得いくばくの利ぞや。これがためについぐす、所作多罪也」

おい‐もと・める おひ‥【追求】

〘他マ下一〙 おひもと・む 〘他マ下二〙 目的のものを求めて、追いかける。追求する。
芭蕉(1922)〈吉田絃二郎〉「自然の寂寞を追ひもとめながら、しかも自然そのものの中にはひってゐることは出来なかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「追求」の解説

つい‐きゅう〔‐キウ〕【追求】

[名](スル)目的を達するまでどこまでも追い求めること。追尋。ついく。「利潤を追求する」

つい‐く【追求】

ついきゅう(追求)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android