自棄気味(読み)やけぎみ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) やけになっている気配がみえること。また、そのさま。
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「何歟黙考してゐたが、頓てすこし絶望気味(ヤケギミ)で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android