気配(読み)キハイ

  • きくばり
  • けはい

デジタル大辞泉の解説

けはい(気配)1」に同じ。
「何か門に近づく―がする」〈木下尚江良人の自白
けはい(気配)2」に同じ。
《古くは「けわい」。「けはい」は、当て字「気配」に引かれた読み》
はっきりとは見えないが、漠然と感じられるようす。「秋の気配」「好転の気配がみえる」→けわい
取引で、市場の景気や相場の状態。きはい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 いろいろと気をつけて注意していること。こころづかい。気苦労。
※俳諧・小町踊(1665)春「気くはりはこころの華の枝葉かな〈久之〉」
※姉と弟(1892)〈嵯峨之屋御室〉三「小児(こども)が往ったなら夫人の気配(キクバリ)が多くなる故」
〘名〙
① 気をくばること。気くばり。心くばり。〔書言字考節用集(1717)〕
② 有様。様子。けはい。景気。
※暑中休暇(1892)〈巖谷小波〉二「突然(いきなり)横合に人の来る気勢(キハイ)がする」
③ 気分。気持。
※洒落本・虚誕伝(1775)「四方(よも)山の咄しのうち、彼女郎の気(キ)はい取なりに、気を付(つけ)かんがへ見る事」
④ 市場の人気。相場の様子。また、出来値ではなく、売方と買方の希望する値段を反映した相場。けはい。
※改正増補和英語林集成(1886)「イトノ kihai(キハイ)ガ ヨイ」
〘名〙 (「けわい」の歴史的仮名づかい「けはひ」の当て字「気配」にひかれたよみ)
① 漠然と感覚によってとらえられる物事の様子。そぶり。ようす。→けわい
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一六九「破れた穴から青い輝きを洩らしさうな気配(ケハイ)を示した」
② 市場の景気や相場の状態。また、実際の取引はできてないが、大体この見当だろうという値段。気配値。きはい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の気配の言及

【取引所】より

…この整理は,ある程度時間をかけて進む場合と,株価の値下がりで進む場合とがあるが,前者を〈日柄整理〉,後者を〈値幅整理〉という。 気配(けはい)〈きはい〉とも読む。取引所内での実際に成立した値段ではなく,売方,買方の唱える値段で,たとえば買方がある銘柄を701円買いを,売方が702円売りを唱えた場合,〈1カイ2ヤリの気配〉という。…

※「気配」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気配の関連情報