コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由満期型定期預金 じゆうまんきがたていきよきん

1件 の用語解説(自由満期型定期預金の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

自由満期型定期預金

郵便局の代表的な貯蓄商品。6カ月以上最長10年まで預け入れ可能な半年複利の貯金。預け入れ期間3年までは半年ごとに金利が高くなる設定。預け入れ時に設定された金利が適用される固定金利商品。民間金融機関の同様の商品として、自由満期型定期預金(据置型定期預金)がある。一定の据え置き期間後、あらかじめ定められた最長年数まで預け入れ可能な預貯金。預入期間の長さにより段階的に金利が高くなるよう設定されている。

(重川純子 埼玉大学助教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由満期型定期預金の関連キーワード簡易郵便局郵便為替郵便番号局内普通郵便局郵便局株式会社移動郵便局三等郵便局JP郵便局窓口販売

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone