貯金(読み)チョキン

デジタル大辞泉「貯金」の解説

ちょ‐きん【貯金/×儲金】

[名](スル)
金銭をためること。また、その金。「毎月決まった額を貯金する」「貯金箱」
(比喩的に)野球などのリーグ戦で、勝った数が負けた数を上回っているときの、その差。「この試合の勝利貯金が5になった」⇔借金2
預金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「貯金」の解説

貯金
ちょきん

資金金融機関一定の条件の下に預けることで、一般の金融機関の預金と同じ性格である。ゆうちょ銀行および農業協同組合漁業協同組合の預かる資金をとくに貯金とよんでいる。

[原 司郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例