コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自航式ブイ じこうしきブイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自航式ブイ
じこうしきブイ

危険な海域の調査に用いるために,母船からの遠隔操縦により航行・計測を行なう無人のブイ。データの自動収録・処理・伝送など海洋調査の効率化も図っている。海底地形の連続記録,水温・塩分観測データ,測位データなどが得られる。使用海域が限られるロランCに,どこでも使える GPS (全地球測位システム) 受信器を加えることにより測位の信頼性を向上させている。海上保安庁水路部が開発した「マンボウ」は,1988年 12月,南方諸島の変色水を噴出している「福徳岡ノ場」の調査に活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android