母船(読み)ぼせん

精選版 日本国語大辞典「母船」の解説

ぼ‐せん【母船】

〘名〙
親船(おやぶね)
東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉一一「母船(〈注〉オヤフネ)をに泊し、子舟(〈注〉はしけ)を放て四方に搬運す」
遠洋漁業船団で、多くの付属漁船を率いて漁業活動の中心となり、付属漁船への指令や必要物資の補給、漁獲物の処理・冷凍などをする船。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「母船」の解説

ぼ‐せん【母船】

遠洋漁業船団で、多くの小型漁船を率い、必要な物資を補給したり、漁獲物の処理・加工・保存などを行ったりする大型の船。親船。→独航船どっこうせん
[類語]本船親船

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android