コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至福直観者 しふくちょっかんしゃbeatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

至福直観者
しふくちょっかんしゃ
beatus

おもにスコラ神学の概念で,至福直観の状態にある知的存在者。天使,恩恵をもって死んだ人などがそれであるとされる。正統神学によれば人間イエスは地上に生存中すでに至福直観者であったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android