コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至福直観者 しふくちょっかんしゃbeatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

至福直観者
しふくちょっかんしゃ
beatus

おもにスコラ神学の概念で,至福直観の状態にある知的存在者。天使,恩恵をもって死んだ人などがそれであるとされる。正統神学によれば人間イエスは地上に生存中すでに至福直観者であったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android