コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至福直観 しふくちょっかん visio beatifica

1件 の用語解説(至福直観の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

至福直観
しふくちょっかん
visio beatifica

おもにスコラ神学の概念で,人間が神を知る場合の一つの様態をいう。普通われわれの神認識はなんらかの概念を媒介とし,類比的なものであるか,あるいは神の働きかけによる神秘的なものでも,なんらかの媒介による間接的なものであるが,一切の中間物を排して,真理そのものである神が人間の知性を直接に引寄せることによる神認識があるとされ,これが至福直観といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

至福直観の関連キーワード位相神学の婢スコラ的白馬は馬に非ず恥を知る倫理神学ペニスコラ身を知る雨アレクサンデル・ハレンシススコラ神学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone