コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至福直観 しふくちょっかんvisio beatifica

1件 の用語解説(至福直観の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

至福直観
しふくちょっかん
visio beatifica

おもにスコラ神学の概念で,人間が神を知る場合の一つの様態をいう。普通われわれの神認識はなんらかの概念を媒介とし,類比的なものであるか,あるいは神の働きかけによる神秘的なものでも,なんらかの媒介による間接的なものであるが,一切の中間物を排して,真理そのものである神が人間の知性を直接に引寄せることによる神認識があるとされ,これが至福直観といわれる。人生の究極の欲求充足という意味で至福と呼ばれ,死後,特別な恩恵によってのみ可能であり,また永遠に失いえないものであるとされており,いわゆる天国の状態の本質的契機をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone