コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟形木棺 フナガタモッカン

デジタル大辞泉の解説

ふながた‐もっかん〔‐モククワン〕【舟形木棺】

古墳時代の木棺一種丸太を縦に二つに割って中をくり抜いて作り、身と蓋(ふた)とからなる。身の両端を削り、舟の形に似るところからの名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふながたもっかん【舟形木棺】

古墳時代の棺の一種。丸太を縦に二分して内部を刳りぬいて身と蓋ふたとし、身の下部両端を舟の舳先へさきのような形に削ったもの。四、五世紀に多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

舟形木棺の関連キーワード栃木市おおひら歴史民俗資料館持田古墳群雪野山古墳塚廻古墳古墳時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android