コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸太 マルタ

デジタル大辞泉の解説

まる‐た【丸太】

皮をはいだだけの材木。丸材。まるたんぼう。
(「丸田魚」とも書く)コイ科の魚。全長約50センチ。体形・体色はウグイによく似るが、婚姻色は腹側に1本のみ現れる。本州中部地方から北の河口域や内湾にすみ、産卵期に川を上って中流域で産卵する。食用。
江戸時代、比丘尼(びくに)姿の売春婦を卑しんでいった語。
「やかましい―めら、暮れに及んで何事ぢゃ」〈浄・女楠〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まるた【丸太】

皮をはいだだけの丸い木材。 「 -小屋」
コイ目の淡水魚。全長約50センチメートル。体は紡錘形で長く、やや側扁する。背面は暗褐色、腹面は銀白色。食用。本州中部以北の河口付近や沿岸に分布。ウグイに酷似する。マルタウグイ。ユサンウグイ。ジュウザンウグイ。
比丘尼びくに姿の売春婦。 「踏返したる-の名物/滑稽本・志道軒伝」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の丸太の言及

【木材】より

…なお材木とはある程度の大きさと形状を保ち,商取引の対象とされる木材をいう。JAS(日本農林規格)では素材を幹から枝を落としたままの形の丸太と,四面を粗く落とし,丸身のついた角材の形にした杣角(そまかく)とに区分している。素材を製材したものが製材(製材品)で,JASでは板類,ひき割類,ひき角類に区分される。…

※「丸太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丸太の関連キーワード京都府京都市中京区大文字町京都府京都市中京区毘沙門町京都府京都市上京区四町目京都府京都市上京区中之町京都府京都市上京区桝屋町京都府京都市中京区桝屋町京都府京都市上京区米屋町京都府京都市中京区大炊町京都府京都市中京区中之町京都府京都市中京区橘町ほととぎす遊園ログキャビン彫り舟・彫舟ログハウス黒木造りころ流し算盤桟手素材生産洗い丸太丸太ん棒

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸太の関連情報