丸太(読み)マルタ

デジタル大辞泉の解説

まる‐た【丸太】

皮をはいだだけの材木。丸材。まるたんぼう。
(「丸田魚」とも書く)コイ科の魚。全長約50センチ。体形・体色はウグイによく似るが、婚姻色は腹側に1本のみ現れる。本州中部地方から北の河口域や内湾にすみ、産卵期に川を上って中流域で産卵する。食用。
江戸時代、比丘尼(びくに)姿の売春婦を卑しんでいった語。
「やかましい―めら、暮れに及んで何事ぢゃ」〈浄・女楠〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まるた【丸太】

皮をはいだだけの丸い木材。 「 -小屋」
コイ目の淡水魚。全長約50センチメートル。体は紡錘形で長く、やや側扁する。背面は暗褐色、腹面は銀白色。食用。本州中部以北の河口付近や沿岸に分布。ウグイに酷似する。マルタウグイ。ユサンウグイ。ジュウザンウグイ。
比丘尼びくに姿の売春婦。 「踏返したる-の名物/滑稽本・志道軒伝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の丸太の言及

【木材】より

…なお材木とはある程度の大きさと形状を保ち,商取引の対象とされる木材をいう。JAS(日本農林規格)では素材を幹から枝を落としたままの形の丸太と,四面を粗く落とし,丸身のついた角材の形にした杣角(そまかく)とに区分している。素材を製材したものが製材(製材品)で,JASでは板類,ひき割類,ひき角類に区分される。…

※「丸太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸太の関連情報