丸太(読み)マルタ

デジタル大辞泉の解説

皮をはいだだけの材木。丸材。まるたんぼう。
(「丸田魚」とも書く)コイ科の魚。全長約50センチ。体形・体色はウグイによく似るが、婚姻色は腹側に1本のみ現れる。本州中部地方から北の河口域や内湾にすみ、産卵期に川を上って中流域で産卵する。食用。
江戸時代、比丘尼(びくに)姿の売春婦を卑しんでいった語。
「やかましい―めら、暮れに及んで何事ぢゃ」〈・女楠〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 皮をはいだままの丸い材木。まるたんぼう。まろた。まるき。
※俳諧・犬子集(1633)一四「古川の辺に家居をやせん 二本の杉の丸太を柱にて〈慶友〉」
② (頭の丸いことから①を連想し、転びやすいことを掛けて) 比丘尼姿の私娼。丸太舟。
※浄瑠璃・主馬判官盛久(1687頃)道行「扨も見事な丸太共髪の長いは角物か」
③ 魚「にごい(似鯉)」の異名
④ コイ目コイ科ウグイ属の淡水魚。ウグイに体形が似るが、成魚の体側に黒色縦線がないことなどの特徴で区別される。河川感潮域から岸近くの中底層に生息する。産卵期には河川を遡り、中流域の礫底で産卵する。雑食性。東京・富山県以北、北海道、サハリン、沿海州などに分布。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の丸太の言及

【木材】より

…なお材木とはある程度の大きさと形状を保ち,商取引の対象とされる木材をいう。JAS(日本農林規格)では素材を幹から枝を落としたままの形の丸太と,四面を粗く落とし,丸身のついた角材の形にした杣角(そまかく)とに区分している。素材を製材したものが製材(製材品)で,JASでは板類,ひき割類,ひき角類に区分される。…

※「丸太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸太の関連情報