舟田三郎(読み)ふなだ さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舟田三郎 ふなだ-さぶろう

1899-1979 大正-昭和時代の登山家。
明治32年8月14日生まれ。大正6年北岳,(あい)ノ岳を単独行。8年早大にはいり,山岳部で活動。槍ケ岳北鎌尾根登攀(とうはん),白馬岳,剣岳などのスキー登山をおこなう。案内人同伴が普通だった当時,「無案内,無人夫」を実践し,ネオ-モダン-アルピニズムをとなえた。昭和54年12月31日死去。80歳。東京出身。早大卒。著作に「岩登り」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android