航空交通流管理センター(読み)こうくうこうつうりゅうかんりセンター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空交通流管理センター
こうくうこうつうりゅうかんりセンター

全国の航空交通流を総合的に制御するための管理センター。空港や航空路の交通流を予測し,航空路の迂回や地上待機などの指示を行なうもので,フロー・コントロール・センターともいう。 1990年代半ばの,羽田空港沖合移転工事,関西新空港新設工事など空港整備完了に伴う民間航空定期便の大幅な増加に対応するために計画された。当初は航空業務促進のためのソフトウエア開発や,大規模災害,施設破壊行為などに備えた危機管理機能をもつ航空交通システムセンターの予定であったが,用地問題などのため分離され,1994年に開設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android