コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空機燃料 コウクウキネンリョウ

デジタル大辞泉の解説

こうくうき‐ねんりょう〔カウクウキネンレウ〕【航空機燃料】

航空機の燃料として使用される炭化水素油(炭化水素の混合物または単一の炭化水素)のこと。航空機燃料税法に基づいて課税の対象となる。→航空機燃料税

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

航空機燃料の関連キーワード成田空港のパイプライン建設鐘ヶ淵紡績株式会社福島人絹株式会社空港整備特別会計従価税・従量税負担と利益地方譲与税一般財源特定財源松根油石油税国税

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

航空機燃料の関連情報