コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船曳卓堂 ふなびき たくどう

2件 の用語解説(船曳卓堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船曳卓堂 ふなびき-たくどう

?-? 幕末-明治時代の医師。
水原三折(さんせつ)に産婦人科を,緒方洪庵(こうあん)の門で蘭学をまなぶ。父船曳紋吉の跡をついで京都で開業。明治天皇の侍医となって東京にうつり,明治3年(1870)から宮内省につとめた。名は修。字(あざな)は徳夫。別号に長春園。訳書にプレンク婦人病論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

船曳卓堂

生年:生没年不詳
幕末明治期の蘭方医。名は修,字は徳夫,号は卓堂,長春園。京都生まれ。父子錦(紋吉)は漢蘭折衷産科医で,播磨国(兵庫県)の人。卓堂は水原三折に産婦人科を学び,嘉永1(1848)年ごろ緒方洪庵の門に入り,蘭学を学ぶ。父が西洋医山崎玄東を通じて入手した蘭医プレンクの産婦人科書の翻訳を父に命ぜられ,『婦人病論』(1850)を出版した。刊本西洋産婦人科訳書の初めである。京都御幸町二条南で開業。維新のとき明治天皇の侍医となって東京へ移り,明治3(1870)年から21年まで宮内省御用掛を勤めた。

(石原力)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船曳卓堂の関連キーワード林洞海市川塔南赤坂圭斎尾台榕堂斎藤方策杉田恭卿坪井信良永松東海林研海

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone