コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緒方洪庵 おがた こうあん

8件 の用語解説(緒方洪庵の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

緒方洪庵

幕末の蘭学者・蘭医・教育者。備中藩士佐伯惟因の三男。名は章、字は公裁、通称は三平、別号に適々斎等。大坂の蘭学医中天遊に師事し、さらに江戸の坪井信道宇田川椿斎にも学ぶ。のち長崎に遊学し、適々斎塾を開き、医業の傍ら蘭学を教えた。福沢諭吉ら多くの逸材を育成する。幕府奥医師・法眼となり、西洋医学所頭取を兼ねた。著に『虎狼痢治準』『扶氏経験遺訓』『病学通論』等。文久3年(1863)歿、54才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おがた‐こうあん〔をがた‐〕【緒方洪庵】

[1810~1863]江戸後期の蘭学者・医者・教育者。備中の人。名は章。江戸・長崎で医学を学び、医業のかたわら蘭学塾(適塾)を開いて青年を教育。種痘の普及にも尽力し、日本における西洋医学の基礎を築いた。著「病学通論」など多数。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

緒方洪庵【おがたこうあん】

江戸時代の医学者,蘭学者。名は章,字は公裁。備中(びっちゅう)足守の人。初めて大坂で医学を学び,1830年江戸に出て蘭学を学び,1836年長崎に行き蘭方の知識を深めた。
→関連項目大村益次郎北浜西洋医学所長与専斎福沢諭吉箕作秋坪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

緒方洪庵 おがた-こうあん

1810-1863 江戸時代後期の医学者,蘭学者。
文化7年7月14日生まれ。大坂にでて中天游に,天保(てんぽう)2年江戸で坪井信道に入門。長崎に遊学の後,大坂に適々斎塾(適塾)をひらく。門人は3000人ともいわれ,大村益次郎,福沢諭吉らがいる。文久2年幕府にまねかれ,奥医師と西洋医学所頭取をかねた。文久3年6月10日死去。54歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。本姓は佐伯。名は章。字(あざな)は公裁。通称は三平。別号に華陰,適々斎。著訳書に「病学通論」「人身窮理小解」など。
【格言など】病者に対しては唯病者を視るべし,貴賤貧富を顧ることなかれ(「扶氏医戒」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おがたこうあん【緒方洪庵】

1810‐63(文化7‐文久3)
江戸末期の蘭学者,医学者,教育者,奥医師。その門からは明治期日本で活躍した多くの人材を輩出した。名は章,字は公裁,号を華陰,適々斎,洪庵とした。備中国足守に生まれる。父とともに大坂に出,医学に進む決心をし,1826年(文政9)中天游の門に入る。4年後江戸に行き31年(天保2)坪井信道に就き,さらに宇田川玄真(うだがわげんしん)にも学んだ。天游の死で大坂に出るが,36年には長崎に遊学。38年大坂に戻り,瓦町で医業に従事するとともに蘭学塾を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おがたこうあん【緒方洪庵】

1810~1863) 江戸後期の蘭学者・医者・教育者。備中の人。名は章。江戸・長崎で蘭学を学ぶ。1838年大坂に蘭学塾(適塾)を開き、大村益次郎・福沢諭吉・橋本左内らを育てる。62年江戸に出て、幕府奥医師兼西洋医学所頭取。種痘の普及に尽力、蘭学の発展に貢献した。訳書「病学通論」のほか著書多数。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緒方洪庵
おがたこうあん

[生]文化7(1810).7.14. 備中,足守(あしもり)
[没]文久3(1863).6.10. 江戸
江戸時代の代表的な蘭学者,医学者,教育家。 17歳で大坂に出て中天游に学ぶ。次いで江戸に出て坪井信道に学び,さらに長崎に行って蘭学を学び,29歳のとき大坂に帰って開業した。また,大坂の瓦町に適々斎塾 (適塾ともいう) を開いて後進の教育にあたった。そこでは医学よりむしろオランダ語の学習に力が入れられ,オランダ語を介して西洋の事情や兵学を知ろうとする者が全国から集った。門下生は 1000人をこえ,そのなかから橋本左内大村益次郎,福沢諭吉,大鳥圭介箕作秋坪長与専斎ら国家有為の人材が輩出した。文久2 (1862) 年,幕命を受けて江戸の西洋医学所頭取となったが,翌年病没した。『病学通論』は日本で最初の病理学書。ほかに『扶氏経験遺訓』『虎狼痢 (ころり) 治準』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緒方洪庵
おがたこうあん
(1810―1863)

江戸末期の蘭方(らんぽう)医学者。文化(ぶんか)7年7月14日、備中(びっちゅう)国(岡山県)足守(あしもり)藩士佐伯瀬左衛門(さえきせざえもん)の三男として生まれる。幼名田上之助(せいのすけ)、名は章、字(あざな)は公裁、適々斎または華陰と号した。通称は三平、のち洪庵と改めた。1825年(文政8)父が大坂蔵屋敷留守居役になったため同行して大坂に出た。生来柔弱であり、武士に適さないと自覚し、病苦の人を救う医の道を志し、翌1826年中天游(なかてんゆう)の門に入った。4年後、苦心して江戸の坪井信道(しんどう)の塾に入り、3年間在塾。一方、宇田川榛斎(しんさい)、宇田川榕菴(ようあん)、箕作阮甫(みつくりげんぽ)らの指導も受け、学は大いに進んだ。そして洪庵の訳になる『人身窮理(きゅうり)小解』『視力乏弱病論』『和蘭詞解(オランダしかい)略説』『白内翳治(はくないえいち)術集編』などが写本で広く読まれた。また榛斎と榕菴の大著『遠西医方名物考 補遺』の度量衡表を分担執筆した。
 1836年(天保7)長崎に赴く。オランダ商館長ニーマンJohannes Erdewin Niemann(1796―1850)について学んだともいわれるが、良友に恵まれ、青木周弼(しゅうひつ)、伊藤南洋(岡海蔵)(1799―1884)と『袖珍内外方叢(しゅうちんないげほうそう)』を共訳、好評を博し広く利用された。このころから洪庵を名のる。
 1838年、中天游門下の億川百記の娘八重(1822―1886)と結婚、大坂・瓦(かわら)町に適々斎塾(適塾)を開き、1843年過書(かしょ)町(大阪市中央区北浜3―3)に移った。洪庵の名声は高く全国から俊秀が集まり、移転後の塾内寄宿門人は637名を数える(その名を記録した『姓名録 適々斎』は日本学士院に保存)。外塾生をあわせると2000人とも3000人ともいわれる。おもな塾生には、箕作秋坪(しゅうへい)、大鳥圭介(けいすけ)、佐野常民、長与専斎、柏原学而(かしわばらがくじ)(1835―1910)、福沢諭吉、花房義質(はなぶさよしもと)(1842―1917)、緒方郁蔵(いくぞう)、坪井信良(1825―1904)、石井信義(1840―1882)らがおり、また塾生の橋本左内(さない)は安政(あんせい)の大獄で、大村益次郎(ますじろう)は1869年(明治2)刺客に襲われたのちに死亡した。明治初期の政治家・軍人の列には薩長(さっちょう)の顔が、文化人の列には適塾の顔が並ぶ。
 著書、訳書は多く、前出のもののほか、緒方郁蔵との共訳で全国に普及した大著『扶氏(ふし)経験遺訓』(30巻)や、安政のコレラ流行(1858)に際して出版した『虎狼痢治準(ころりちじゅん)』、『病学通論』(3巻)、ジェンナー牛痘種痘に関する写本『モスト牛痘説』などがある。
 1849年(嘉永2)牛痘苗が輸入されて京都に到着した際、越前(えちぜん)藩医笠原白翁(かさはらはくおう)に分与を請い、厳かな分苗式を行った。そして大坂に除痘館(じょとうかん)を設け、大和屋(やまとや)喜兵衛、緒方郁蔵らの協力を得て種痘を行い、ついに奉行所(ぶぎょうしょ)から官許を得るなど天然痘の予防に貢献、その記録『除痘館記録』がある。
 1862年(文久2)、洪庵は幕府の強い要請を受けて奥医師兼医学所頭取に就任した。しかし10か月後の文久(ぶんきゅう)3年6月10日、多量の血を吐いて急逝し、江戸駒込(こまごめ)高林寺と大坂の龍海寺に葬られた。贈従(じゅ)四位。現在、適塾は国の史跡・重要文化財に指定され、大阪大学が管理し一般に公開されている。[藤野恒三郎]
『緒方富雄著『緒方洪庵伝』(1942/増補版・1977・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の緒方洪庵の言及

【化学】より

…このころから舎密は化学と呼ばれるようになった。大坂では緒方洪庵が適塾を開いて化学を講じた。63年蕃書調所は開成所と改称され,明治維新の結果,さらに開成学校となり,やがて東京大学(1878設立)へと発展していった。…

【西洋医学所】より

…万延1年(60)10月幕府の直轄となり種痘所と改称,翌年西洋医学所と改称されて大槻俊斎が初代頭取となり,教授,解剖,種痘の3科が発足した。第2代頭取の緒方洪庵のときに医学所と改称,第3代頭取松本良順に至って学制がようやく整ったが,戊辰戦争で閉鎖された。維新後68年(明治1)6月江戸鎮台府により復活され,下谷和泉橋通の旧藤堂藩邸の仮病院と合併,旧幕府の医学館とともに東京府,鎮将府,軍務官など所管を数転し,69年6月大学校所管となり,大学東校,東校,第一大学区医学校などの改称を経て,現在の東京大学医学部へとつながった。…

【適塾】より

…幕末の蘭医緒方洪庵の家塾。正式には適々斎塾といい,洪庵の号によったもの。…

※「緒方洪庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緒方洪庵の関連情報