良俗(読み)りょうぞく

精選版 日本国語大辞典「良俗」の解説

りょう‐ぞく リャウ‥【良俗】

〘名〙 善良な風美俗
※公議所日誌‐一七・明治二年(1869)五月「所謂粗暴殺伐の悪習、変じて道義自守の良俗と化すべき也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の良俗の言及

【習俗】より

…しかしfolkwaysの訳語として厳密に概念規定された用語として使われることもある。folkwaysはアメリカの社会学者W.G.サムナーの造語で,彼は慣習customを習俗folkwaysと良俗あるいは道徳的慣行moresとに分けることを主張した。彼によれば,生存の欲求を充足させようとする努力は試行錯誤の末に一定の行動方式を選択するようになり,習慣habitが生じる。…

※「良俗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android