コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺伐 サツバツ

デジタル大辞泉の解説

さつ‐ばつ【殺伐】

[形動][文][ナリ]殺気が感じられるさま。また、うるおいやあたたかみの感じられないさま。
「見えない手の揮(ふる)う剣の光が、もう一度彼を―な争闘の心につれて行った」〈芥川・老いたる素戔嗚尊
[ト・タル][文][形動タリ]に同じ。「殺伐とした世相」
[派生]さつばつさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さつばつ【殺伐】

( トタル ) [文] 形動タリ 
穏やかさやあたたかみの感じられないさま。とげとげしいさま。 「 -とした世相」 「 -たる光景」
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
人を殺すこと。荒々しくむごい・こと(さま)。 「 -な事さらりと廃やめて/いさなとり 露伴」 「 -の声の聞えつるこそ浅ましく/太平記 13
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

殺伐の関連キーワード殺・冊・刷・刹・察・撒・撮・擦・札・殺・薩・颯ニュー・トポグラフィックス伐・抜・拔・末・罰・跋・閥市川団十郎(初代)トレント レズナーフロンティア精神チョ ウンジフランス演劇辻斬りトタル旗本奴新陰流八将神没了剣道腥風死刑狂言武芸剣徴

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殺伐の関連情報