色丹(読み)しこたん

精選版 日本国語大辞典 「色丹」の意味・読み・例文・類語

しこたん【色丹】

読売新聞‐明治二五年(1892)九月一七日「千島国色丹土人は往年占守島より移住せしめたるものにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「色丹」の意味・読み・例文・類語

しこたん【色丹】

北海道根室半島東方にある島。中心集落は斜古丹しゃこたん。第二次大戦後、ソ連のちにロシア連邦の統治下。面積255平方キロメートル。色丹島。名はアイヌ語「シ‐コタン(大きい村)」による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版 「色丹」の解説

色丹
しこたん

北海道根室半島沖にある島。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android