コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色取検見 いろどりけみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

色取検見
いろどりけみ

江戸時代の検見の古法。立毛のまま作柄を検分して、上・中・下田の等級にかかわらず、作柄に応じて上位あるいは下位に組み入れて年貢高を定めた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の色取検見の言及

【有毛検見】より

…これが幕府で施行されると,三卿はもちろん各藩や旗本の多くはこれにならった。有毛検見取はまた色取検見とも呼ばれるが,後者は位・石盛に基づき,また租率を固定していない点で,前者とまったく異なる。すなわち江戸前期に幕領(藩によっては元禄ごろまで)で施行された色取検見は,上・中・下田の位にかかわらず,作柄に応じて上・上中・中・中下・下・下々毛などに分け,たとえば上・中・下田の作柄のうち上毛と認定された分は,上・中・下田それぞれの分米に換算,合計され,それに上毛に相応する租率を乗じて年貢を算出する方法である。…

※「色取検見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android