コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(ち)毛 タチゲ

デジタル大辞泉の解説

たち‐げ【立(ち)毛】

農作物の収穫する前の状態。
「金では取れないと見ると帳場は―の中に押収してしまう」〈有島カインの末裔
寝ないで立っている

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りつもう【立毛】

立ち毛 」に同じ。
寒さや恐怖などによって皮膚の一部が隆起すること。鳥肌とりはだや、小鳥が敵に対したときの動作など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

立(ち)毛の関連キーワードキバナイカリソウ(黄花碇草)ブリュッセル・カーペットハマボウフウ(浜防風)皮膚のしくみとはたらきヤマクワガタ体温調節機能イタヤカエデ皮膚電気抵抗マルトゲムシミヤギノハギ自律神経系じゅうたんコンバイン節後繊維モケット交感神経明認方法だんつう山神種一危急反応

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android