立(ち)毛(読み)タチゲ

デジタル大辞泉の解説

たち‐げ【立(ち)毛】

農作物の収穫する前の状態。
「金では取れないと見ると帳場は―の中に押収してしまう」〈有島カインの末裔
寝ないで立っている毛。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りつもう【立毛】

立ち毛」に同じ。
寒さや恐怖などによって皮膚の一部が隆起すること。鳥肌とりはだや、小鳥が敵に対したときの動作など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐げ【立毛】

〘名〙
① (「毛」は畑作物の意) 田畑農作物で、収穫前のものをいう。田畑にあって、まだ刈ってない米麦
高野山文書‐(年月日未詳)長谷村立毛書上毛見之御くつろき無御座候故、立毛之ぬし共、皆皆ちくてん仕候」
② 寝ないで立っている毛。

りつ‐もう【立毛】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android