色彩感情(読み)しきさいかんじょう(英語表記)colour-feeling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「色彩感情」の解説

色彩感情
しきさいかんじょう
colour-feeling

個々の色または色の組合せがもたらす心理的効果。民族風土,年齢,性別などにより,色彩感情は一定ではないが,多分に共通するところがある。ロマン派以後,特にゴッホゴーガン,ムンク,ルドンなど象徴主義的な絵画にあっては,色彩感情が大きな役割を演じている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android