コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色彩象徴 しきさいしょうちょうcolour symbolism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色彩象徴
しきさいしょうちょう
colour symbolism

キリスト教美術において特定の人物を象徴するため聖母の服の赤,マント,キリストおよび洗礼者ヨハネの衣の赤と青,ペテロの白と青,ユダの黄色などの色を用いるように,色の使用になんらかの意味をつけることをいう。原始民族の身体装飾から東洋人の喪に用いる色など範囲は広い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

色彩象徴の関連キーワードシンボル[美術]キリスト教美術

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色彩象徴の関連情報