色鉛筆(読み)イロエンピツ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 通常筆記用具として用いる黒い芯のものに対して、赤や青など、種々の色の鉛筆。
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「お勢は色鉛筆を執(と)って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の色鉛筆の言及

【鉛筆】より

…色芯は黒芯のように炉の中で焼くことはなく,長期間自然乾燥させるだけの製法である。色芯を用いたものを一般に色鉛筆といっている。水溶性の色芯で書いたものを筆でぼかして,絵具のような効果の出せるものもある。…

※「色鉛筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色鉛筆の関連情報