コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着色顔料 ちゃくしょくがんりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

着色顔料
ちゃくしょくがんりょう

塗料,錆止め塗料,プラスチック,合成繊維,ゴム製品などに着色するために用いられる顔料。顔料はもともと着色用途が第一であるが,特に着色顔料と呼ぶのは,顔料がもっぱら他の目的,たとえば耐久力の増加や,粘度の調整などに用いられることもあるためである。着色の目的で投入される代表的な顔料には,チタン白,亜鉛華鉛白べんがら (酸化第二鉄) ,黄鉛,カーボンブラックなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

着色顔料の関連キーワードプラスチックゾルエナメルペイントメタリック塗装さび止め顔料カーボン印刷カーボン紙マイカ塗装チタン黄硫化水銀エナメルコバルト有機顔料色鉛筆

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android