コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝山藩 しばやまはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芝山藩
しばやまはん

明治初年,上総国 (千葉県) 武射 (むしゃ) 郡芝山地方を領有した藩。のち松尾藩となる。明治1 (1868) 年徳川家達が静岡藩主となったため遠江 (静岡県) 掛川から太田資美が5万石で芝山に移り,翌年松尾に藩庁を移して松尾藩と改称,廃藩置県にいたる。太田氏は譜代,江戸城雁間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android