コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上総国 かずさのくに

6件 の用語解説(上総国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上総国
かずさのくに

現在の千葉県の中央部。大国で親王任国。初め総 (ふさ) の国と称した。『古語拾遺』によれば,忌部氏が四国の阿波国から部民を伴い海路ここにいたったとしている。もと武社,菊麻,上海上,馬来田,須恵,伊甚の国造が支配。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かずさ‐の‐くに〔かづさ‐〕【上総国】

上総

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上総国【かずさのくに】

旧国名。東海道の一国。今の千葉県中部。古くは総(ふさ)の国。7世紀後半,上・下に分けた。718年安房(あわ)国を分置,741年併合,757年再分置。《延喜式》に大国,11郡。
→関連項目関東地方千葉[県]藻原荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

かずさのくに【上総国】

現在の千葉県中部(房総半島北部)を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で東海道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は大国(たいこく)で、京からは遠国(おんごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の市原市におかれていた。大化の改新の際、総(ふさ)国の南半を上総国、北半を下総(しもうさ)に分け、のちに上総国から安房(あわ)国を分離した。桓武(かんむ)天皇の曾孫(そうそん)高望王(たかもちおう)が上総介(かずさのすけ)となって土着してから平氏(へいし)が勢力を占めたが、平忠常(たいらのただつね)の乱で荒廃。のち、その子孫の千葉氏が支配し、源頼朝(みなもとのよりとも)の挙兵を助けた。鎌倉時代守護足利(あしかが)氏、南北朝時代から室町時代は佐々木氏、千葉氏、上杉氏戦国時代には里見氏、次いで後北条(ごほうじょう)氏が支配するが、江戸時代には11藩が分立した。荻生徂徠(おぎゅうそらい)は若き日に当地で修学、伊能忠敬(いのうただたか)のような篤学者(とくがくしゃ)も出た。1871年(明治4)の廃藩置県により木更津(きさらづ)県となったが、1873年(明治6)に印旛(いんば)県と合併し千葉県となった。◇南総(なんそう)ともいう。また下総国と合わせ、総州(そうしゅう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かずさのくに【上総国】

旧国名。現在の千葉県の一部で,房総半島の北部を占める。
【古代】
 東海道に属する大国(《延喜式》)。古くは〈ふさ(総)〉といい,7世紀後半の令制国の建置にともなって,上総国と下総国が成立した。〈ふさ〉の地域は,《国造本紀》によれば,成務朝に須恵(すえ),馬来田(うまくた),上海上(かみつうなかみ),伊甚(いしみ),武社(むさ),菊麻(くくま),阿波の国造が,応神朝に印波,下海上(しもつうなかみ)の国造が定まったと伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上総国
かずさのくに

千葉県中央部の旧国名。東海道十五か国の一つ。東は太平洋、西は東京湾、南は安房(あわ)、北は下総(しもうさ)国に連なる。古くは総(ふさ)の国(麻の古語「ふさ」によるという)といったが、大化改新(645)で上総、下総の2国に分かれた。718年(養老2)上総国のうち4郡を割き安房国をたてたが、741年(天平13)旧に復す。その後757年(天平宝字1)にふたたび安房国が分離独立して領域が固定した。『延喜式(えんぎしき)』民部上では大国で遠国に属した。郡は市原、海上(うなかみ)、畔蒜(あひる)、望陀(もうだ)、周准(すえ)、天羽(あまは)、夷(いじみ)、埴生(はにう)、長柄(ながら)、山辺(やまのべ)、武射(むさ)の11郡からなる。古代国府の所在地は市原市惣社(そうじゃ)、同能満(のうまん)、同郡本(こおりもと)の諸説があり、まだ確定していない。国分寺址(し)は市原市惣社字堂ノ前にあり、礎石などが現存している。一宮(いちのみや)は長生郡一宮町の玉前(たまさき)神社で、『延喜式』神名帳には「埴生郡一座大玉前神社名神大」とある。古くから東北地方経略の根拠地で、穀類輸送などで大きな役割を果たした。9世紀には俘囚(ふしゅう)の乱が市原郡などに起こった。936年(承平6)には上総介(かずさのすけ)平良兼(よしかね)は甥(おい)の将門(まさかど)と戦って敗れたが、940年(天慶3)将門の乱は平定され、興世(おきよ)王は上総で藤原公雅(きみまさ)に誅(ちゅう)された。その後、1028年(長元1)から4年間前上総介平忠常(ただつね)の乱が続き、上総の本田2万2980町歩余は荒廃して、戦乱の終わりごろには18町余に激減したという(『左経記(さけいき)』)。忠常の子孫は上総・千葉両氏となってともに繁栄、1180年(治承4)源頼朝(よりとも)が挙兵するとともにこれを後援した。しかし上総権介(ごんのすけ)千葉(平)広常は頼朝の誤解を招き、1183年(寿永2)鎌倉の営中で暗殺された。守護は、鎌倉初期に千葉広常、後期に足利(あしかが)氏、南北朝時代には佐々木・千葉・新田(にった)・上杉氏、室町時代には上杉氏が務めた。戦国時代に入り、守護代武田氏が真里谷(まりやつ)・庁南(ちょうなん)に拠(よ)り活動、安房の里見氏も上総に進攻した。再度の国府台(こうのだい)合戦以後、上総国の北半はほぼ後北条(ごほうじょう)氏の勢威下にあり、南部は里見氏が勢力を保った。
 1590年(天正18)小田原落城、徳川家康の江戸入り以降は江戸幕府の御膝元(おひざもと)として位置づけられた。支配は譜代(ふだい)小藩、旗本領、代官領が入り交じり、まさしく犬牙錯綜(けんがさくそう)の地を形成した。産業面では九十九里浜が本邦最大の漁場として栄え、上総木綿、八日市場木綿などの地木綿の生産もあった。江戸湾では早く紀州栖原(すはら)村(和歌山県有田(ありだ)郡湯浅(ゆあさ)町)の漁夫角兵衛により鯛桂網(たいかつらあみ)が導入され、文政(ぶんせい)年間(1818~30)には近江屋甚兵衛(おうみやじんべえ)による海苔(のり)養殖も行われた。文化面では中・後期から私塾・寺子屋も普及した。荻生徂徠(おぎゅうそらい)も若きころ当地で修学し、伊能忠敬(いのうただたか)のような篤学者も東上総で生まれた。戊辰(ぼしん)の騒乱にあたっては、最後まで官軍に抵抗した小藩請西(じょうざい)藩のことがよく知られる。1871年(明治4)廃藩置県時点、宮谷(みやざく)県ほか15の藩県からなる当国は、木更津(きさらづ)県管下となり、ついで73年6月15日千葉県管下となった。[川村 優]
『小笠原長和・川村優著『千葉県の歴史』(1971・山川出版社) ▽『千葉県史 明治編』(1962・千葉県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上総国の関連キーワード安房房総千葉県南房総市大井千葉県南房総市加茂千葉県南房総市久枝千葉県南房総市久保白浜〈町〉千倉〈町〉千葉県長生郡長柄町和田〈町〉

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上総国の関連情報