コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花の十郎太

1件 の用語解説(花の十郎太の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

花の十郎太

柴田錬三郎の長編時代小説。1972年刊行。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花の十郎太の関連キーワード一の太刀おらんだ左近おれは侍だ決闘者宮本武蔵徳川三国志人間勝負抜打ち侍美男城復讎四十七士われら旗本愚連隊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone