コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花の木 ハナノキ

デジタル大辞泉の解説

はな‐の‐き【花の木】

カエデ科の落葉高木。本州中部にまれに自生。葉は浅く3裂し、秋に紅葉する。雌雄異株。春、葉に先だって濃紅色の花が咲き、5月ごろ実を結ぶ。はなかえで

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなのき【花の木】

花の咲く木。
カエデ科の落葉高木。中部地方の山間の湿地にまれに自生。葉は三浅裂する。雌雄異株。四月、葉の出る前に濃紅色の花がかたまってつく。秋の紅葉も美しい。花楓はなかえで

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の花の木の言及

【シキミ(樒)】より

…仏壇や墓に供えたり,葬式の花に最も普通に使われ,そのため単に〈花の木〉と呼ばれることも多い(イラスト)。シキミ科の2~15mの常緑の樹木。…

※「花の木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花の木の関連キーワード下野市テーマ館好き人・数寄人シキミ(樒)クロスプラス春日井製菓小山冨士夫鎌倉(市)瀬川 新蔵氏原 大作数を尽くす中部地方テロペアカエデ科氏原大作ハナノキ掘り植う眺め遣るヒノキもみじ心馳せ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花の木の関連情報