コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花折紙 はなのおりがみ

世界大百科事典 第2版の解説

はなのおりがみ【花折紙】

洒落本の評論書。《戯作(げさく)評判花折紙》ともいう。十文字舎(じゆうもんじや)自恐,菊屋蔵伎(くらき),並木新作著。1802年(享和2)刊。3巻。役者評判記の形式にならい,通道修行を志した戯作者が意気通島(いきつしま)の国で,2人の真通人と会して,洒落本171部をそれぞれ位付けをし,主要作品に評判を加える。総巻頭に《傾城(けいせい)買虎之巻》,総巻軸に《遊子方言》を据える。当時の洒落本の鑑賞態度を知る好資料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花折紙の関連キーワード通屈

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android