コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊子方言 ゆうしほうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊子方言
ゆうしほうげん

洒落本田舎老人多田爺 (ただのじじい。丹波屋利兵衛) 作。明和7 (1770) 年頃刊。書名は漢の揚雄の『揚子方言』 (『方言』) のもじり。自称通り者が息子株を連れて吉原へ行くが,通 (つう) ぶりをひけらかしては馬脚を現し,かえって息子株のほうがもてる。吉原の様子をうがち,半可通のおかしみを描いた点で,初期の上方洒落本の様式を破り,写実と滑稽を基調とする短編遊里小説という以後の江戸洒落本の型をつくりあげた。洒落本の評判記『戯作評判花折紙』 (1802) でも第一の傑作にあげられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆうしほうげん〔イウシハウゲン〕【遊子方言】

江戸中期の洒落本。1冊。田舎老人多田爺(いなかろうじんただのじじい)作。明和7年(1770)ごろ刊。江戸吉原で通人ぶった男が振られ、うぶな初心者がもてる話。のちの洒落本の原型となったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

遊子方言【ゆうしほうげん】

江戸時代の洒落(しゃれ)本。田舎老人多田爺(ただのじじい)作。1770年以前刊。通人ぶる男が,うぶな若者を誘って吉原へ出かけ,通(つう)を示し穿(うがち)を並べようとするが,馬脚を現し,かえって若者のほうがもてるという話。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうしほうげん【遊子方言】

洒落本。田舎老人多田爺(いなかろうじんただのじじい)作。1770年(明和7)刊。1冊。書名は漢籍《揚子(ようし)方言》のもじり。作者は大坂下りの書肆丹波屋利兵衛といわれる。通人とうぬぼれている半可通の男が,うぶな商家のむすこをつれて吉原遊郭に遊び,途中の船宿や船中,茶屋などでさかんに通人ぶりを示そうとするが,しだいに化けの皮をあらわし,遊女屋でも女郎に冷遇される。一方むすこは大いにもてるという筋。会話を主とする文体で,人物の服装,言語,動作などを細かく描きつつ,類型的ではあるがその性格を表現し,おのずからに生ずるこっけい感を盛り上げた小説的構成を確立しており,また〈〉という理念を洒落本に定着させた画期的な作品である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうしほうげん【遊子方言】

〔題名は漢の揚雄の「揚子方言」のもじり〕
洒落本。一冊。田舎老人多田爺いなかろうじんただのじじい作。1770年刊。商家のうぶな息子が歓待され、通人ぶった男が嫌われる滑稽を描いたもので、江戸洒落本の定型を確立した作品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遊子方言
ゆうしほうげん

洒落本(しゃれぼん)。小本(こほん)1冊。1770年(明和7)ごろ江戸刊。作者田舎(いなか)老人多田爺(ただのじじい)の正体は『野茗談(しんやめいだん)』(平秩東作(へつつとうさく)著)にいう丹波(たんば)屋利兵衛か。丹波屋は大坂の本屋だったが、1761年(宝暦11)以後江戸で文林堂として活躍した。内容は通人ぶった男がその通を示してやろうと、うぶな息子を連れて吉原に遊んだのはいいが、結局半可通を暴露して嫌われ、かえって息子がもてるというもの。写実と滑稽(こっけい)を基とする短編遊里小説という洒落本の定型を確立。洒落本評判記『戯作評判花折紙(けさくひょうばんはなのおりかみ)』(1802)に「小書(こがき)いしやうつけの開山」と称された。[中野三敏]
『中村幸彦著『遊子方言評釈』(『鑑賞日本古典文学34 洒落本・黄表紙・滑稽本』所収・1978・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

遊子方言の関連キーワード振り付ける・振付ける良い・善い・好いおあんなんすさっしゃるちょっきり御座りんす轡・鑣・銜中抜き草履大尽・大臣新造買ひ撫で付け打ち殺すほちほち御座いすおざんす辰巳之園中野三敏江戸時代御覧じるほっても