コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花狭間 ハナザマ

デジタル大辞泉の解説

はな‐ざま【花狭間】

障子・欄間などの組子(くみこ)に花模様の透かし彫りを施したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の花狭間の言及

【社寺建築構造】より

…大仏様や禅宗様では長押がないので,貫に藁座(わらざ)を打ってその穴を利用して釣り込む。框でいくつかの部分に分かれるから,そこに盲連子,彫刻や,輪違(わちがい)などの文様を表す花狭間(はなざま)と呼ばれる格子を入れることがある。内部の間仕切りは中世までは格子戸が多く,舞良戸,襖,障子も使われた。…

※「花狭間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報