玉章(読み)ギョクショウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょく‐しょう ‥シャウ【玉章】

〘名〙 (「玉」は美称)
① 立派な詩文。美しい詩文。
※菅家文草(900頃)五・有勅賜視上巳桜下御製之詩敬奉謝恩旨「不啻看一レ桜也惜春、紅粧写得玉章新」
② 相手を敬って、その手紙をいう語。たまずさ。
※明衡往来(11C中か)上本「悚欝之処故投玉章

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報